40歳既婚男性経営者の愛人募集

結婚をし家庭を持ったものの外で遊びたい、それもとびきりスタイルが良く顔立ちが端正な女性と定期的に遊んで楽しみたい、との欲求が収まりませんでした。
仕事で稼いでいる自分、家庭にお金は十分に入れていますし、自分のお金もありあまっておりお金を利用して遊んでも良いのでは、と常々思っていました。
女性を所有したい、ペットのように飼ってみたい、との願望は男性ならば誰しもが持っているはずです。
私は年はいっていますがその代わりお金があり、このお金で美人と愛人契約をしたいと思ったのです。

愛人募集したくともどこで募集をするのか、何らかのパーティーに参加をしなければならないのか、と無知識だったのですが現代はインターネットの出会い系で愛人募集ができると知り、試しに、と自分が求めるスタイルが良く美しい女性を愛人として募りました。

愛人希望として応募をしてきた女性は10人程度であり、写真を送付してもらい外見を品定めし、中でもモデルをしているかのような容貌を持つ24歳の女性を愛人として決めました。
メールの文面も顔文字や記号などは控えめであり知的差を感じさせ、外見以外も交際をしていて楽しめそうだと思われました。
契約の代償として私は毎月相手に十万円の契約料金を振り込み、更に性交などの際には余分にお金を支払う、デートの際にはフレンチなどの高級料理をおごる、洋服やバッグを買ってやる、と約束をしました。

初めてのデートの際に訪れた女性は、ブランド物の洋服を着ており良い女、との印象を感じさせました。
受け付け嬢として働いてるために会話の仕方は常識的であり普通、髪の毛の先や爪先まで綺麗にしておりお金を支払う価値があると感じました。
ホテルのレストランで食事をした後、当然ホテルの部屋に連れ込みましたが、スタイルが抜群、技術巧妙、こんなに良い女性を好き勝手しても良いのだろうかと戸惑ったくらいでした。
その女性との契約は半年が経過した現在でも続いていますが、自分のお金で異性を好き勝手にできる、というのは自尊心にもなり良い物ですよ。